大分結婚式場Navi » 結婚式の前準備!きほんのまとめ【大分版】 » ブライダルフェアに行く前のチェック項目

ブライダルフェアに行く前のチェック項目

憧れの結婚式をより具体的にイメージするためにはブライダルフェアへの参加がベター! ブライダルフェアに参加する際はどんなことにチェックしたらよいのか調査結果をお伝えします!

ブライダルフェアに行く前に決めておきたいポイントは?

ブライダルフェアに行く前に決めておきたい項目をまとめて紹介します。

結婚式はいつの予定?どこでするの?

まずはいつ結婚式を行いたいかです。絶対行いたい日程があるのか、すいている時期がよいのか、土日祝がよいのか、平日が良いのか、大安がよいのか他の日でもよいのか…ふたりの都合はもちろん、ご両親にもどの時期がよいか確認しておきましょう。複数の候補日程を準備しておけばよりベターでしょう。もし決まっていなくても大丈夫です。ブライダルフェアでスタッフに決まっていない旨を伝えれば、決め方のポイントやおすすめの日程を教えてもらうこともできますよ。

次に式場の場所も大切です。お互いはもちろん、お互いの両親や親戚がどこから駆け付けてくれるかによってみんなが集まりやすい式場はかわるでしょう。遠方からゲストが来る場合は新幹線の駅や空港などの近くを選ぶという選択肢もありますし、宿泊できる場所が近い式場を選ぶという選択肢もあります。数箇所の式場をグループ経営しているタイプの会社なら同系列の異なった土地の会場を紹介してもらうこともできますよ。

結婚式の予算と招待ゲストの人数は?

結婚式に使用できる予算もパートナーと相談して決めておきましょう。結婚式の費用はあれこれ追加するうちに驚くような金額になっていることが多いです。結婚をするときは結婚式だけでなく、新婚旅行や新居にも費用がかかってしまうことが多いのでこれからの生活も考えて予算の枠組みをつくっておきましょう。

予算を決める時に欠かせないのが「招待ゲストの人数」です。ゲストの人数によって、パーティー会場の広さも変わりますし、お料理はランクによっても値段がかわります。お料理は「人数×値段」のパターンが多いのでおおまかなゲストの人数を知ることで予算も決まりやすくなります。いただけるであろうご祝儀の金額も含めて予算化にしておくと予算枠がはっきりとみえてきますよ。

結婚式のイメージは?

どんな結婚式のイメージをしているでしょうか?おごそかな感じ、ゴージャスな感じ、カジュアルな感じ…などカップルによって描くイメージは異なります。またイメージだけでなく「教会式」「神前式」「人前式」などの式スタイルや披露宴会場の雰囲気なども大切になってきます。

また、式場にもスタイルがあります。「ホテル」「専門式場」「ゲストハウス」「レストラン」など選ぶ場所によっても式のイメージが変わります。会場によっては、呼べるゲストの人数も変わります。どの式場スタイルの特色が自分たちのイメージに合っているか検討してみましょう。

ブライダルフェアに行く前にそういったイメージが固まっているカップルは、ぜひ自分たちのイメージに合った式場を見学にいってみましょう。イメージ通りなら予約もできますし、もし違和感があるようであれば他の会場のブライダルフェアに参加して比べるのも一つの手段です。

逆に全くイメージがわかなくて困っているカップルも少なくないでしょう。そんなカップルのための強い味方がブライダルフェアですので、まだ決まっていないカップルはブライダルフェアを複数軒まわってみるのがおすすめです。各会場の空気感や居心地、スタッフの対応などを肌で感じてみてくださいね。何軒かまわるうちに、イメージの輪郭がくっきりするはずですよ。

衣装や演出のイメージは?

ブライダルフェアで、確認しておきたいのが花嫁衣装!ドレスや白無垢、または色打掛と、デザインはもちろん、衣装のこだわりを聞くだけでも楽しいものです。

ただ、着たいドレスのブランドやスタイルが決まっている場合、「女優さんのような和装へアスタイルにしたい!」「持ち込みたい衣装がある」などこだわりがある場合はそのブランドやへアスタイルを取り扱っているの確認が事前に必要となります。場合によっては別途料金が発生する場合もありますので、ぜひブライダルフェアの時点で確認しておきましょう。

また、結婚式内や披露宴内でやってみたい演出を考えるのも楽しみですよね。ブーケトスや両親へのプレゼントはもちろん、ゲストをその時間を楽しく過ごすための企画やドッキリのインタビュー動画の上映、最近ではプロジェクションマッピングやドローン撮影などかなり大掛かりで目をひく演出が式場の目玉として次々と打ち出されています。こちらも衣装と同様、対応できないものや別途料金が発生するものがあります。ブライダルフェアの時点で確認しておきましょう。「これだけはしたい!」や「こんなのしてみたい!」に出合える式場を探すもの想い出作りに良いですね。

ブライダルフェアに行く前の心構えとは?

ブライダルフェアに行く前に決めておくことで、大切なのは優先順位をつけることです。結婚式は、たくさんのお金がかかるのものなので、予算内に抑える努力をしなければいけない場面も。また、 結婚式は自分ひとりでするものではなく、夫婦になるふたりとその両親、親族があって成り立つものです。結婚式が具体的になっていくにつれて、両親の希望を優先したり、友達に感謝を伝えるための演出など、やりたいことがたくさんあるものです。そのためにチェック項目に優先順位をつけて一番譲れないことだけはしっかりとおふたりで話し合って決めておきましょう。

ブライダルフェアに行く時の服装は?

ブライダルフェアは、結婚式当日ではありませんので、ドレスアップしていく必要はありませんが、カジュアルすぎない普段着を選んでおいた方がよいでしょう。広い会場やお庭のあるタイプのゲストハウスなどの場合は歩きやすい靴がよいですね。ただ、会場によっては、服装の指定がある場合もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、試着ができるタイプのブライダルフェアには、前開きの服装や下着で行くことをおすすめします。なぜなら、ドレスや和装を着ていった服の上から試着することは非常に難しいため、上着を脱ぐこともあるようです。前開きの服でない場合、脱ぐ際にヘアスタイルが乱れてしまう可能性も。気にならない方はよいですが、せっかくきれいにして行ったのに…という気持ちになってしまう方は、前にボタンのあるタイプの服装で行くと◎でしょう。また、試着のお手伝いをしてくれるスタッフさんに見られても恥ずかしくないような下着を身につけていくようにしましょう。

ブライダルフェア当日の持ち物は?

当日はパンフレットなどたくさんいただけるはずですので大きめのカバンをもっていくとよいでしょう。また、撮影可能な場所ではぜひ撮影を。スマホでもよいですし、必要であればデジカメなどを持って行って他の会場と比べる材料にしたり、下見も思い出に残したりするのも良いですね。

ついうっかり聞きたいことを忘れてしまわないよう大事なことをメモにしてもっていきましょう。もちろん筆記用具も忘れずに。見聞きした大切なことを書き留めておきましょう。

ブライダルフェアは「楽しむ」ことが大切

ブライダルフェアにいく前に大切なことは夫婦になるおふたりのイメージをある程度すり合わせておくことが大切です。一度っきりの結婚式で、後悔してしまうことだけは、絶対に避けたいものですね。特に結婚式は、大きなお金がかかることもあって、予算についてはシビアなもの。その場の雰囲気に流されてしまわないように、しっかりとふたりでイメージを共有してから、ブライダルフェアに行くことをおすすめします。

そして、最後に、ブライダルフェアに行く際には「楽しむ」ことを忘れないようにしましょう。一生に一度の結婚式、ブライダルフェアに足を運ぶことも、大切なふたりのイベントとして楽しんでしまいましょう。

大分のおすすめ結婚式場
をチェック